仮面夫婦について

夫婦関係の中で、必ず存在するものに仮面夫婦があります。表面上はとても仲の良い夫婦であったとしても、実はそんなことはない、外面だけを繕っている夫婦関係を言います。
表面だけではなく、毎日の暮らしの中で平穏に暮らしていて、ケンカが絶えないということはありません。ですから、至って健全な仮面夫婦の場合、まず見破られることはないとされています。
家のドアを締めた瞬間、険悪な雰囲気というのではなく、冷めきった風が流れているだけです。そんな夫婦関係であるのなら、離婚をしてしまえば良いという意見も当然出てきますが、それをするだけの労力や金銭的な負担は負いたくないと言うことが一番の理由です。夫婦として、お互い何の害もないのなら、好きなことを過ごさせてくれれば問題ないということです。
銀婚式が近くなった大半の夫婦はこうした仮面夫婦であるというデータもあります。昔を例に挙げれば、こんな夫婦関係はあたりまえと言われています。特に、亭主関白で妻の位置は常に夫の後ろ。
逆らおうものなら、出て行けの一言。そんな封建的な夫婦の形を長年やってきた日本ですから、この仮面夫婦というのも、ごく自然な流れです。どちらかと言うと、妻の諦めがきっかけで、とりあえず月給だけはもらって来るから我慢しているといった感じです。
そして、子供の成長や定年退職を機に思い切って離婚に踏み込む熟年離婚も、この仮面夫婦の進化系といえるでしょう。仮面夫婦で長年やっていてストレスにならなくなっているという方も多いようですが、ではなんで結婚したんだろうね?と言われたとしても、返す言葉はありません。

☆注目サイト
仮面夫婦で悩んでいる方向けの夫婦関係修復の相談サイトです ⇒ 夫婦 修復

Copyright © 2014 夫婦関係の形 All Rights Reserved.